デリケートゾーンのにおい対策をチェック

デリケートゾーンのにおい対策をチェックしましょう。
MENU

デリケートゾーンのにおい対策を確認

ショーツを取り換えるときにデリケートゾーンの嫌なにおいが気になる人は多いようです。
このにおいは独特で、決して好ましいにおいではありません。
そこでにおわないようにするにはどうすればいいかですが、これはそれほど難しいことではありません。

 

■まずは清潔が一番の手入れ
デリケートゾーンにおい対策は、清潔にすることで始まり清潔に保つことで終わります。
ただしここでの清潔にするお手入れではいくつかの注意ポイントがあります。
そのひとつは洗う時になるべく石鹸は使用しないことで、敏感な粘膜を刺激すると
痒みがでたり雑菌が侵入して女性特有のカンジダなどの病気になる恐れがあります。

 

■そのほかのにおい対策
デリケートゾーンにおい対策はとにかく清潔にしておくことですが、
そのためには生理で使うナプキンはこまめに取り換えるようにしましょう。
またきれいにすると言うと石鹸を使えばいいと思いがちですが、
石鹸を使う時は粘膜に優しいものを選ぶ必要があります。

 

さらに、においの元が分泌物ということがありますから、分泌物を促進する
動物性脂肪分を食べ過ぎないようにすることも必要です。
それからショーツで蒸れないようにしながら、なおかつ乾燥しないように
気を付けることで、そのためには保湿クリームなどの使用も考えられます。

 

お金をかけずにデリケートゾーンの臭いをケアする

デリケートゾーンの臭いが気になる人を対象とした消臭ケアグッズが
数多く販売されていますが、そうお安いものではないようです。
そこで、お金をかけずにデリケートゾーンの臭いをケアする方法をここで紹介します。

 

熱いお風呂とシャワーを避ける

お風呂やシャワーでは熱いお湯は避けるようにします。
その理由はお湯の温度が高すぎると必要な善玉菌の細菌を殺してしまうからです。
特にデリケートゾーンをお湯で洗う際にはぬるま湯にすることが大切です。
間違っても熱いお湯で洗わないようにしましょう。

 

 

生理ナプキンとパンティーライナーは使わない 

普段からパンティーライナーやナプキンは使わないようにして、やむを得ない時だけに使うようにしましょう。
また、どうしても使う必要があるときには無香料のものにして、香りがついているものは使用しないようにしましょう。

 

 

綿製の下着にする

下着類は綿製のものにして、合成素材のものは使わないようにします。
合成素材はデリケートゾーンの通気性を損ないますから蒸れの原因になります。
また、身体に緩めな服であればデリケートゾーンの通気性が良くなりますから、
汗と蒸れが原因の臭いの発生を抑えることができます。

 

 

身体に合った香水をつける 

臭いを軽くするためには香水をつける方法があります。
この場合は膝上に少し香水をつけることが肝要で、デリケートゾーンそのものに香りをつけるのは、
ティーツリーオイルを水で薄めたものにします。

 

たとえば170mlの水に2滴のティーツリーオイルという配合率です。
ティーツリーオイルは抗菌と抗カビ作用があり、
デリケートゾーンの臭いの原因となるバクテリアを退治してくれます。

 

 

クロロフィルを飲む

毎日朝晩の2回、大さじ1杯の液体クロロフィル(葉緑素)と水を合わせて飲みましょう。
クロロフィルは自然のデオドラント作用があります。
なお、クロロフィルは舌を変色させたり尿や便を変色させることがありますが、特に問題はありません。

 

 

りんご酢湯に浸かる 

りんご酢は自然の抗菌剤ですから風呂の湯の中に得300ml程度を入れて、
そのお湯に20分浸かりましょう。
りんご酢がデリケートゾーンの臭いの言となる細菌を殺菌します。

 

更新履歴
このページの先頭へ